有料老人ホームの探し方と利用までの流れ

老人ホームの入居を検討していても、どの施設が合っているかなど、選ぶ基準が難しい場合があります。今回は、ご両親やご親族の老人ホーム入居をご検討中の方々に向けて、希望にあった老人ホームの探し方のポイント、利用までの流れについて解説します。

有料老人ホームの前に立つご高齢者夫婦のイラスト

有料老人ホームとは

有料老人ホームは、老人福祉法に定められる居住施設で、設置運営主体は、民間企業や社会福祉法人などになります。基本的に「介護付」「住宅型」「健康型」の3つの種類に分かれます。また、入居費用の負担方式の種類は「終身利用権方式」「賃貸方式」「分譲方式」の3つに分かれます。

詳しくは『「特別養護老人ホーム」「有料老人ホーム」「グループホーム」の違いとは?』をご覧ください。

有料老人ホームの探し方

インターネットを利用する

各都道府県の自治体のホームページで「高齢者」「介護」「福祉」などのページに進み、有料老人ホームの所在地リストを探します。また、厚生労働省が提供している「介護サービス情報公表システム」でも介護施設のさまざまな情報が検索できるようになっています。

行政の窓口で資料をもらう

住みたい地域の、市区町村の福祉課や地域包括支援センター、地域の福祉事務所などに相談すると、地域の有料老人ホームなどの一覧が掲載された冊子を手に入れることができます。ただ、公的な機関という立場上「どこの施設がよいのでしょうか」といった施設選択への具体的な質問には答えてはくれません。

民間の紹介センターを利用する

民間の紹介センターが多数あり、それらを利用することもできます。無料で相談・紹介してもらえるところがほとんどですが、多くの場合、契約が成立すると老人ホーム側から紹介センターに紹介料が支払われるシステムになっています。

特定のホームの関連会社などが運営している紹介センターもあります。できれば複数の紹介センターを利用するほうがよいでしょう。

ケアマネジャーやヘルパーから情報を得る

お世話になっているケアマネジャーやヘルパーがいれば、その方たちの意見を聞くのもひとつの方法です。

利用までの流れ 一般的な資料請求~契約までの流れ

資料請求

上記である程度候補のホームを絞れたら、各ホームに資料を請求します。 

ホームのパンフレットとともにぜひ入手したいものが「重要事項説明書」です。重要事項説明書には、施設の概要や従業員の人数や勤務形態、従業員の所有している資格、サービス内容、利用料金や介護保険給付以外のサービスに要する費用などが記載されています。

老人福祉法により、事業者側は入居相談があった際に重要事項説明書を開示・閲覧することが義務付けられています。また、都道府県によっては、重要事項説明書の一覧表をホームページで公表しているところもあります。

パンフレットには、大まかで主観的な良いことばかりが並んでいることがほとんどですが、重要事項説明書には、客観的な数字などが記載されており、施設選びに欠かせないものになっています。

見学や体験入居

パンフレットや重要事項説明書などを見て、さらに施設を絞ったら、見学や体験入居を行いましょう。その際のチェックポイントは、『老人ホームの見学・体験入居のときにチェックしておきたいポイント』をご参照ください。

入居率を尋ねる等をして、経営状態の安定性を把握しておくことも大切です。

契約

入居契約の際に、渡される資料は通常、入居契約書、重要事項説明書、管理規定などになります。特に気になるサービス内容や損害賠償については、きちんと確認しましょう。契約書に記載がない場合は、契約書に特約条項をつけてもらうとよいでしょう。

契約を進める高齢者夫婦のイラスト



大切な方が過ごす場所になる有料老人ホーム探し。分かりにくい言葉が並び、不安になる場面もあるかもしれませんが、疑問や不安な点はホームに確認し、ご家族みなさんが納得できるホームを選んでいただきたいです。

ライター:山下 優子
社会福祉士資格保有のライター。「介護」を中心とした福祉分野で、執筆活動を続けている。

有料老人ホームの探し方と利用までの流れ

Facebookページで
最新記事配信!!

あなたにおすすめの記事

介護の基本のおすすめ記事