遠距離介護の知恵とポイント!離れて暮らす親の介護方法

仕事など、様々な事情で親と遠く離れて暮らしながら、介護をしている方も大勢いらっしゃると思います。
今回は、遠距離介護をする上で必要なコミュニケーションの取り方や利用したいサービスについてご紹介します。

遠距離介護について話す家族

遠距離介護の特徴

遠距離介護というと、いざという時に駆け付けられないということばかりを想定してしまいますが、今回はその他の特徴についても考えてみました。

親も子どもも、住み慣れた家や地域での暮らしを継続できる

子ども世代にとって、仕事や子育てなどの事情でUターンは難しいケースが多いです。一方、親世代も住み慣れた家や地域で、できるだけ今まで通りの生活を送りたいと願う人も多いでしょう。また、認知症の発症や悪化に環境の変化が与える影響は大きいといわれています。

適度な距離感をもって介護ができる

親と離れて暮らすことで、介護者である子どもは気持ちの切り替えをしやすくなり、気持ちの余裕もできやすくなります。

親に頻繁に会えず、老化のサインやSOSに気づきにくい

親が「ガンで手術をしていたことを知らなかった」「転倒して骨折していたことを知らなかった」という子どももいらっしゃいます。年に数回の帰省で初めて知ったというのです。どうして言ってくれなかったのか、水臭いと感じる子どもが多いようですが、「子どもに心配をかけたくない」という親心から言えないケースもあるのかもしれません。

費用がかかる

まず、親のところへ行くための飛行機や新幹線代などの交通費がかかります。また、普段家事をしている主婦(夫)が泊まり込みの介護のために数日家を空けると、その間残った家族は外食をしたり、お惣菜を買うなどして食費がかかる場合もあります。

仕事と介護の両立に悩んでしまう

仕事をしている場合、親元にすぐに行けないため、仕事を続けることに悩む人が多いようです。また、病院や施設などから呼び出しがあり、こんなに頻繁に休むと会社に申し訳ないと肩身の狭い思いをして悩んでしまう人もいます。

遠距離介護で気をつけるポイント

遠距離介護で気をつけるポイント


上記で挙げたデメリットをできるだけ回避する方法を考えてみます。

親とのコミュニケーション

親とのコミュニケーションを積極的にとり、老化のサインや介護への不満に気づけるようにしましょう。一番手軽な方法は、電話によるコミュニケーションでしょう。電話では相手の様子が見えにくいですが、できるだけ頻繁に電話で話すようになれば、声のトーンの変化などで体調の良し悪しや心の状態の変化に気づくことができるかもしません。

最近では、テレビ電話を利用する人も増えています。お孫さんがいる場合は特に活用したいサービスです。

介護者とのコミュニケーション

・ケアマネジャー
ケアマネジャーは、親の心身の状況がわかりづらい遠距離介護においてとても頼りになる存在です。うまくコミュニケーションをとるために、定期的に連絡をして様子を聞くようにしましょう。

また帰省前に連絡をして、できるだけ帰省中に訪問してもらえるように手配すれば直接会って状況を聞いたり、今後のことについて話し合ったりできるでしょう。

・老人ホームなどの入居施設
在宅ではなく、老人ホーム等の入居施設での暮らしを選択した場合、施設選びも重要なポイントになります。頻繁に会いに行けない遠距離介護では、「施設側が家族への連絡を頻繁にしているか」、「どのような場合に家族に連絡しているか(病気のときだけ連絡しているのか)」など、施設選びの段階からチェックしておきましょう。

地域の人とのコミュニケーション

ご実家のご近所の人とのコミュニケーションが取れるといざという時にとても助かります。たとえば、親に何度も電話をしても出ない場合、心配になりますが、すぐにかけつけることができません。その場合、近所の人に電話をかけ、様子をみてもらうことも可能です。帰省のたびに、隣近所に挨拶に行き、何かのときには連絡をもらえるようお願いしているという人もいます。

利用したい保険制度やサービス

①介護保険サービス
介護保険で介護が必要と認定されれば介護保険によるサービスが受けられます。親が住んでいる自治体や地域包括支援センターに行けば、手続きの方法を教えてくれます。

②自治体が独自に提供するサービス
各自治体には、緊急通報や見守り、配食サービス、ゴミ出しサービスなどがあり、その内容は地域により異なります。親が住む自治体の役所や地域包括支援センターで配布しているパンフレットに細かい情報が記載されていますので、そちらを確認したり問い合わせてみましょう。

③地域のボランティア団体などが提供するサービス
家事代行や見守りサービスを行っているボランティアや有償ボランティアもあるので、探してみましょう。親が住む地域にはどのようなNPOやボランティア団体があるのかは、地域包括支援センターなどのほか社会福祉協議会に尋ねてもよいでしょう。

④交通費の割引サービス
全社ではありませんが、介護に関わる親族など、一定の条件を満たせば航空運賃を割引する制度を導入している航空会社もあるので、確認してみましょう。



自分自身の生活や人生設計も大切にしながら、利用できる社会資源を上手に活用し、「自分だけで抱え込まない介護」が親子ともに幸せな遠距離介護のキーワードになるでしょう。

ライター:山下 優子
社会福祉士資格保有のライター。「介護」を中心とした福祉分野で、執筆活動を続けている。

遠距離介護の知恵とポイント!離れて暮らす親の介護方法

Facebookページで
最新記事配信!!

あなたにおすすめの記事

介護の基本のおすすめ記事