地域包括支援センターってどんなところ? その業務内容と役割について

現在全国の自治体で、4,500ヵ所を超える地域包括支援センターがあります。「高齢者の総合相談窓口」として生まれましたが、実際はどのような業務を行っているのでしょうか。

最新の介護保険制度改正から見えてくる「地域包括支援センターに今後求められる役割」から、地域包括支援センターとはどのようなところかを見ていきましょう。

高齢者の総合相談窓口として誕生

介護を必要とされる方やご家族の相談に乗る

高齢者の総合相談窓口として誕生

2006年の介護保険制度改正によって、「地域住民の心身の健康の保持及び生活の安定のために必要な援助を行うことにより、その保健医療の向上及び福祉増進を包括的に支援することを目的とする施設」として地域包括支援センターが設置されました。

ご高齢者やご家族の相談をワンストップで受け止めて、必要なサービスへつなぐことのほか、要支援の方や虚弱高齢者の介護予防ケアマネジメント、権利擁護事業、地域のネットワークづくり、高齢者虐待防止において義務化された虐待の通報を受け付ける窓口など、多彩な役割を果たすことを期待されて創設されました。

地域包括支援センターは、市区町村が設定した担当圏域ごとに、直営または委託によって開設されます。そして、保健師または経験のある看護師、社会福祉士または高齢者保健福祉に関する相談業務に3年以上従事した社会福祉主事、主任ケアマネジャーなどの職種で構成されるチームが配置され、支援事業を行っています。

2015年4月末時点で、全国に4,685箇所の地域包括支援センターが設置されています。

地域包括支援センターの設置主体と委託の状況

地域包括支援センターの設置主体と委託の状況

地域包括支援センター事業とは?

地域包括支援センターの主な事業は、介護予防支援及び包括支援事業です。
このうちの包括支援事業は、以下の4つの事業を地域において一体的に実施する役割を持ちます。

①介護予防ケアマネジメント事業
介護予防などのケアプランの作成など

②総合相談・支援事業
住民の多種多様な相談を幅広く受け付けて、制度横断的な支援を実施

③権利擁護事業
成年後見制度の活用促進、高齢者虐待への対応等

④包括的・継続的ケアマネジメント事業
・「地域ケア会議」などを通じた自立支援型ケアマネジメントの支援
・ケアマネジャーへの日常的な個別指導や相談
・支援困難事例などへの指導や助言

相談に乗ってほしいときは...

地域包括支援センターでは、ケアプランの作成や専門職との連携のほか、「地域で利用できる施設や福祉サービスを知りたい」「介護に疲れてしまってどうしたらいいかわからない」といった介護の相談から、「虐待にあっている高齢者がいる」「成年後見制度について知りたい」「高価な品物を買うように勧められて契約してしまった」など、ご高齢者の権利を守るための対応なども受け付けています。

相談に乗ってほしいことがありましたら、まずはご自宅近くの地域包括支援センターに問い合わせてみてください。

地域包括支援センターの問い合わせ先がわからない場合には、市区町村の役所の高齢福祉等を担当している課に問い合わせるとご確認いただけます。

地域包括支援センターの現状

介護相談

2015年の介護保険制度改正では、下記のような、地域包括支援センターの機能強化が図られることとなりました。

●人員体制の強化(増員)
高齢化の進展、相談件数の増加等に伴う業務量の増加およびセンターごとの役割に応じた人員体制を強化する。

●市区町村は運営方針を明確化
高齢化の進展、相談件数の増加等に伴う業務量の増加およびセンターごとの役割に応じた人員体制を強化する。

●役割分担や連携を強化
基幹的な役割を担うセンターや機能強化型のセンターを位置付けるなど、地域包括支援センター間の役割分担や連携を強化し、効率的かつ効果的な運営を目指す。

●業務の評価・点検の強化
地域包括支援センター運営協議会による評価、PDCA(計画・実行・評価・改善による事業活動)の充実等により、継続的な評価・点検を強化する。

●情報公表
地域包括支援センターの取組みについての情報を公表する。

さらに、新しく地域支援事業となった「在宅医療・介護連携事業」「生活支援コーディネーター業務」「認知症対応事業」「地域ケア会議」「新しい総合事業の一般予防事業」などにも関わることとなりました。

ますますの高齢化やご家族の介護負担の増加、そして地域のつながりの希薄化が進むなか、地域包括支援センターには、「地域包括ケアシステム実現への中心的役割」が期待されています。


地域包括支援センターの業務は多岐に渡りますが、今後の地域の介護の要としてますます期待されており、地域の介護力を上げるために、独自の様々な取組みを行っているセンターもあります。

ご自分やご家族の介護に不安や疑問があったり、ご近所のご高齢者について気になることがあれば、ぜひ一度、お近くの地域包括支援センターにご相談してみてはいかがでしょうか。

ライター:山下 優子
社会福祉士資格保有のライター。「介護」を中心とした福祉分野で、執筆活動を続けている。

地域包括支援センターってどんなところ? その業務内容と役割について

Facebookページで
最新記事配信!!

あなたにおすすめの記事

関連記事

介護の仕事のおすすめ記事