「要支援」と「要介護」の違いは?どんなサービスが利用できるの?

介護保険で利用できるサービスは、介護の度合い(要介護度)によって異なります。この介護の度合いを判定するのが、要介護認定(要支援認定を含む)です。要介護認定は、「要支援1・2」と「要介護1~5」の7段階に分かれています。この区分や利用できるサービスはどのように違うのでしょうか?

▼「介護保険制度」についてはこちらをご覧ください。  



図解でわかる!介護保険制度の仕組み  

要支援

要支援

要支援1

食事・入浴・衣服の着脱・排泄・移動など基本的な日常生活動作のほとんどはご自身でできますが、介護予防のために何らかの支援が必要な状態。

要支援2

身だしなみや掃除など身の回りの動作能力が低下しているため何らかの支援が必要ですが、状態の維持や改善の可能性が高い状態。

※上記は一例です。


「要支援1」「要支援2」と認定された方は、介護保険の介護予防サービスを利用することができます。

介護予防サービスを利用する場合は、介護予防ケアプラン(介護予防サービス計画)の作成が必要です。「要支援1」「要支援2」の介護予防ケアプランの作成は、地域包括支援センター(介護予防支援事業者)に依頼しましょう。このケアプランに基づいてサービス事業所と契約し、介護予防サービスを利用します。

介護予防・日常生活支援総合事業の実施後は、市区町村が地域の実情に応じて提供する介護予防・生活支援サービスや一般介護予防事業のサービス等が利用できます。

要介護

要介護

要介護1

立ち上がりや歩行が不安定で、日常生活の基本動作や身の回りの動作に部分的な介助が必要な状態。

要介護2

立ち上がりや歩行、日常生活の基本動作、身の回りの動作に対して部分的に軽度の介助が必要な状態。

要介護3

立ち上がりや歩行、日常生活の基本動作、身の回りの動作に対して全面的に中等度の介助が必要な状態。

要介護4

立ち上がりや歩行、日常生活の基本動作、身の回りの動作に対して全面的に高等度の介助が必要な状態。

要介護5

日常生活全般において動作能力が著しく低下し、介護なしでは日常生活を営むことが不可能なため、最重度の介護が必要な状態。

※上記は一例です。


「要介護1~5」に認定された方は、介護保険の介護サービス(在宅・施設)を利用することができます。介護サービスを利用する場合は、ケアプラン(介護サービス計画)の作成が必要です。

「要介護1~5」の介護サービスケアプランの作成は、ケアマネジャー(介護支援専門員)のいる居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)へ依頼しましょう。

施設サービス[介護保険で利用できる施設(介護老人福祉施設・介護老人保健施設・介護療養型医療施設)]を利用する場合は、その施設のケアマネジャーがケアプラン(施設サービス計画)を作成します。このケアプランに基づいて施設と契約し、介護サービスを利用することになります。

次ページ | 非該当(自立)とは  

12
ライター:樋口 くらら
家族の介護をきっかけに介護福祉士・社会福祉主事任用資格を取得。現在はライター。日々の暮らしに役立つ身近な情報をお伝えするべく、介護・医療・美容・カルチャーなど幅広いジャンルの記事を執筆中。

「要支援」と「要介護」の違いは?どんなサービスが利用できるの?

Facebookページで
最新記事配信!!

あなたにおすすめの記事

関連記事

介護の基本のおすすめ記事