無理なく安全に!介護初心者にも分かりやすい移乗・移動介助の基本

お食事・着替え・入浴・排せつなどさまざまな場面で欠かせない動作が「移動」です。この移動を助ける「移乗・移動介助」は、身体介護の基本ともいえるでしょう。今回は、在宅介護がはじめての方にもわかりやすい「移乗・移動介助」の基本をお伝えしていきます。

身体負担を軽減するための「ボディメカニクス」

身体負担を軽減するための「ボディメカニクス」

ご高齢者はもちろん介助者も身体負担を軽減し、無理なく安全に移乗・移動介助を行うために、まずはボディメカニクスについて理解しましょう。
介護のボディメカニクスとは、身体力学(身体の動きのメカニズム)を活用した介護技術のことです。ボディメカニクスを活用すると、ご高齢者に不安や苦痛などを与えることなく介助できます。また、介助者の腰痛や肩こり等の予防・改善にも役立ちます。

ボディメカニクスの基本

①ご高齢者の身体を小さく球体に近づける
ご高齢者の腕を胸の前で組む、膝を曲げるなどして、身体をできるかぎり球体に近づけ接する面を小さくします。力が中心に集中し、介助がしやすくなります。

②介助者とご高齢者の身体をできるかぎり近づける
双方の重心を近づけることで、移動の方向性がぶれずに一方向に大きな力が働くため、少しの力で容易に介助できます。

③介助者の支持基底面を広くする
支持基底面とは、身体を支える(支持)ための基礎となる、床と接している部分を結んだ範囲のことです。介助者が足幅を前後・左右に開く(支持基底面を広くとる)ことで、立位姿勢の安定性を高めます。

④介助者の重心を低くする
介助者が膝を曲げて、腰を落とす(重心を低くする)ことで、姿勢が安定します。また、腰への負荷が小さくなります。

⑤介助者は身体をねじらない
身体をねじると重心がぐらついて、不安定になります。また腰痛の原因にもなるため注意が必要です。介助者の足先を動作の方向に向けると、身体をねじらずに姿勢が安定します。

⑥水平に移動する
ベッド上で移動するときなどには、身体を持ち上げずに横に滑らせると、容易に移動できます。身体を持ち上げなくてはならない場合は、腰痛予防のために、腰だけではなく膝の屈伸を利用しましょう。

⑦大きな筋群を使う
腕や手先だけではなく、足腰の大きな筋肉を意識しながら介助しましょう。腹筋・背筋・大腿四頭筋・大殿筋などの大きな筋肉を同時に使うことで1つの筋肉にかかる負荷が小さくなり、大きな力で介助することができます。

■関連記事:腰を痛めてしまう前に!介護による腰痛の原因と予防・対処方法



次ページ | 「移乗・移動介助」の5種類の基本動作  

12
ライター:樋口 くらら
家族の介護をきっかけに介護福祉士・社会福祉主事任用資格を取得。現在はライター。日々の暮らしに役立つ身近な情報をお伝えするべく、介護・医療・美容・カルチャーなど幅広いジャンルの記事を執筆中。

無理なく安全に!介護初心者にも分かりやすい移乗・移動介助の基本

Facebookページで
最新記事配信!!

あなたにおすすめの記事

関連記事

介護の方法のおすすめ記事