認知症の方とのコミュニケーション法「バリデーション」とは?

「バリデーション」とは、認知症のご高齢者とコミュニケーションをとるための方法です。認知症ケアのひとつとして、介護の現場でも実践されているバリデーションとは、どのようなものなのでしょうか。今回は、バリデーションの考え方や期待できる効果、そして基本的なテクニックについてお伝えします。

「バリデーション」とは

「バリデーション」とは

バリデーションとは、アルツハイマー型認知症と類似の認知症のご高齢者とコミュニケーションをとるための方法のひとつです。ご高齢者が尊厳を回復し、引きこもりに陥らないよう援助する方法として、1963年にアメリカのソーシャルワーカー、ナオミ・ファイル氏により提案されました。

認知症は、症状が進行しても「感情」は最後まで残るといわれています。バリデーションでは、失っていくもの(認知レベル)ではなく、失われないもの(感情レベル)に焦点をあてていきます。

バリデーションが目指すもの

・ご高齢者の感情表出を促す
・ご高齢者の「人生の未解決の課題」への奮闘を支援する

認知症の方に対するアプローチ方法のひとつとして、ご本人の感情にはできるだけ触れず、穏やかに過ごしていただこうとするものもあります。しかし、バリデーションでは、認知症の方のマイナスの感情(悲しみ・怒り・怖れ・不安など)にもふたをせず、むしろ表出を促して共感していくことを目指します。

また、認知症のご高齢者の「人生の未解決の課題(やり残したこと・心の傷になっていること・大切な人との死別や離別など)」への奮闘を支援することであるとも表現されています。

支援者は、「老年期」という最後のステージを迎えた認知症の方の訴えの奥にある奮闘を認め、苦しさに共感して分かち合おうとします。そして、大きな喪失感を抱えた認知症の方が、ご自身の人生の意味や存在の価値を確認できるよう手助けします。

バリデーションに期待できる効果

認知症の方

・ストレスや不安が軽減される
・BPSD(行動・心理症状)の緩和につながる
・自尊心を取り戻し、再び生きる希望をもつことができる
・再び他者との交流をもつことができる

ご家族や専門職の方

・認知症の方の言動を理解することで、共感・受容が可能になる
・フラストレーションが緩和される
・認知症の方と信頼関係を築くことができる
・自分の仕事に自信をもつことができる

「バリデーション」の基本的態度

「バリデーション」の基本的態度

傾聴する

傾聴とは、表された言葉の意味だけに関心を示すのではなく、「心の奥にある感情」に耳を傾けることです。バリデーションでは、五感を使って認知症の方が本当に言いたいことを積極的に傾聴します。
たとえば、認知症の方が「部屋に誰かがいる!」と訴える場合は、まず「部屋に誰かがいるのですね」と訴えを繰り返します。そして、「その人はどんな人ですか?」「部屋のどの辺にいますか?」などと質問し、ご本人が見ている世界について教えていただきます。

共感する(カリブレーション)

支援者は、認知症の方の感情が表れている身体部分(表情・呼吸のペース・姿勢など)を観察し、一致させていきます。

誘導しない(ペースを合わせる)

ダンスをするときに呼吸を合わせるように、支援者が認知症の方のペースに合わせます。忍耐が必要かもしれませんが、バリデーションでは誘導や強制はしません。支援者は、認知症の方の姿勢や歩き方、表情、そして呼吸まで一致させて、ペースを合わせていきます。

受容する(強制しない)

認知症の方を現実に引き戻そうと誘導したり、否定したりせず、「あるがまま」を認めてご本人の世界に近づこうと努めます。

うそをつかない・ごまかさない

たとえば認知症の方が「家に帰る!」と訴えたとき、バリデーションでは嘘をついたり、ごまかしたりせず、本当の主訴をつかもうとします。「帰りたい」と訴えるご本人の感情にふたをせずに向き合い、信頼関係を築くようにするのです。


認知症の方:早く帰らなくちゃ!
支援者:帰らなくてはいけないのですね。(リフレージング)
認知症の方:そうなの。
支援者:帰ってどなたに会うのですか?(オープンクエスチョン)
認知症の方:主人よ。
支援者:ご主人ですか。ご主人に会われてどうされるのですか?(オープンクエスチョン)

<参考文献>
都村尚子『バリデーションへの誘い―認知症と共に生きるお年寄りから学ぶこと』全国コミュニティライフサポートセンター, 2014

「バリデーション」のテクニック

「バリデーション」のテクニック

言語的テクニック

リフレージング

認知症の方が話した中で最も重要だと思われるキーワードを繰り返します。その際に、相手の声のトーン、大きさ、話すスピードなどを一致させるようにします。

オープンクエスチョン

「いつ」「どこで」「何を」「誰が」「どのように」を聞くオープンクエスチョン(開かれた質問)を多用するようにします。(ただし、「なぜ?」という質問は認知症の方にとって難しいため使わないようにします)

レミニシング

過去の出来事について質問し、昔話をしていただきます。認知症の方が繰り返す昔話には、「人生の価値」や「人生の未解決の問題」などの大切なメッセージが込められていることも少なくありません。

非言語的テクニック

ミラーリング

認知症の方の真正面に向き合い、動作や感情を映し出す「鏡になる」方法です。認知症の方と同じ表情、姿勢、呼吸をすることで感情を分かち合います。(ただし、認知症の初期段階の方には避けます)

アイコンタクト

認知症の方の真正面に座り、カリブレーション(共感)を続けながら相手の目を見つめます。

タッチング

バリデーションには、目的をもって認知症の方に触れる「アンカードタッチ」という方法があります。スキンシップで相手の感情に寄り添い、話の内容に応じてタッチの仕方を変えます。

タッチン

・母のタッチング...手のひらで頬をなでるのを繰り返す。

・父のタッチング...頭頂部から後頭部を丁寧になでおろす。

・子のタッチング...首の後ろを指先でなでる。

・友のタッチング...肩を包み込むようにし、上腕部へなでおろす。

音楽を使う

認知症の方の感情に合った音楽や、その方が大切にしてきた歌を耳元でハミングします。

はっきりとした低く温かい声

会話が感情的でないときは、声のトーンを低めに抑えて、はっきりとした温かい口調で話しかけます。認知症の方が怒りや悲しみなどの感情を表出しているときは、その感情に共感し、声のトーンを合わせることが大切です。



バリデーションは、認知症のご高齢者だけでなく、ご家族や専門職にも役立つ方法として世界で高く評価されています。すべてのテクニックを使う必要はなく、使う順番も特にありません。最初は難しいと感じる方も多いかもしれませんが、興味をお持ちの方は具体的な方法を学んでみてはいかがでしょうか。

<参考文献>
都村尚子『バリデーションへの誘い―認知症と共に生きるお年寄りから学ぶこと』全国コミュニティライフサポートセンター, 2014.
ビッキー・デクラーク・ルビン(飛松美紀 訳)『認知症ケアのバリデーション・テクニック ―より深いかかわりを求める家族・介護者のために』筒井書房,2009.

ライター:樋口 くらら
家族の介護をきっかけに介護福祉士・社会福祉主事任用資格を取得。現在はライター。日々の暮らしに役立つ身近な情報をお伝えするべく、介護・医療・美容・カルチャーなど幅広いジャンルの記事を執筆中。

認知症の方とのコミュニケーション法「バリデーション」とは?

Facebookページで
最新記事配信!!

あなたにおすすめの記事

関連記事

介護の方法のおすすめ記事