手軽にリフレッシュ!マッサージ効果もある手浴(しゅよく)の手順

温かいお湯を利用して手を丁寧に洗うことを手浴(しゅよく)といいます。手浴のメリットは、入浴よりも身体への負担が少なく、気分転換や血行促進、リラクゼーション効果などが得られることです。
今回は、座ったままや寝たままでも手軽に行うことができる手浴についてお伝えします。

手浴(しゅよく)とは

手浴(しゅよく)とは

洗面器にはったお湯に手をつけて洗う手浴(しゅよく)は、入浴できないときでも手軽に行える部分浴のひとつです。
手は足と同じように汚れやすいため、手の汗や汚れをしっかり洗い落とすことで清潔を保ちます。また、お湯を利用して手を温めることで関節が柔らかくなり、手指も動かしやすくなります。

手浴は、全身浴や半身浴に比べて身体への負担が少なく、介助する方の負担も軽いことがメリットです。リラクゼーション効果や睡眠を促す効果も期待できますので、1日1回は行うよう心がけるとよいでしょう。

▼関連記事

血行を良くしてリラックス効果も!足浴(そくよく)の効果と手順

寝たままでもシャンプーですっきり!ご高齢者の洗髪介助のポイント

手浴の目的と効果

手浴の目的と効果

手浴には、清潔の保持だけでなく、さまざま効果が期待できます。

リラクゼーション効果

手を温かいお湯につけると気持ちよく、洗いながら手を軽くもめばマッサージ効果もあります。また、汗のべたつきや汚れ、不快なニオイを洗い流すことで気分をリフレッシュできます。スキンシップにもなりますので、会話を楽しみながら行うとよいでしょう。

リハビリテーション効果

温かいお湯のなかでは手指を動かしやすいため、マヒや拘縮(こうしゅく)のある方のリハビリにもなります。できるところはご自身で洗っていただき、できないところだけ介助者がサポートするとよいでしょう。

全身の血行促進

手を温めると全身の血行が良くなり、冷えの改善などが期待できます。また、痛みを緩和したり、眠りの質を上げたりする効果も望めます。

手浴の手順

手浴の手順

用意するもの

・洗面器
・ピッチャー
・バケツ(汚水用)
・40℃前後のお湯
・バスタオル1枚
・フェイスタオル数枚
・防水シーツ(またはビニールシート)
・泡ソープ

手浴前の準備

・ご高齢者に手浴を行うことを伝え、同意を得ましょう。
・排泄(トイレ)は事前に済ませていただきます。
・室温は25℃前後に調節し、腕などの露出部分はタオルをかけて保温しましょう。
・ベッドに座って行う場合は、ミニテーブルをベッドの上に置くとよいでしょう。
・ベッドに寝たまま行う場合は、ベッドサイドにベッドより低めのテーブルを置くとよいでしょう。
・洗面器の下に防水シーツ(またはビニールシート)を敷き、バスタオルを重ねます。
・お湯の温度は、介助者が手を入れて確かめておきます。

基本的な手順

基本的な手順

ベッドに座って行う場合(端座位)
① ご高齢者の上体を起こし、膝下などにクッション等を入れて上体を安定させます。
② 防水シーツとバスタオルを敷き、お湯を入れた洗面器をご高齢者の身体の前に置きます。
③ 片手(片マヒがある場合は健側から)をお湯に入れます。
④ 手首までゆっくり浸し、温めながら軽くマッサージします。
⑤ ご高齢者の手を下から支え、泡ソープで丁寧に洗います。
⑥ ピッチャーにお湯を入れ、温度を確認してもらってから、かけ湯をして泡をしっかり洗い流します。
⑦ 洗い終わったら、洗面器のお湯をかえて手をすすぎます。
⑧ 手をフェイスタオルで包み、洗面器をはずします。
⑨ フェイスタオルで水気をやさしく念入りに拭きとります。

※洗面器のお湯をかえ、反対側の手も同様に行います。

ベッドに寝たままで行う場合
① ベッドをギャッチアップして頭側を高くし、肩や腕の下に枕などを入れて楽な姿勢を保ちます。
② 防水シーツとバスタオルを敷き、お湯を入れた洗面器をご高齢者の身体の横に置きます。
③ 畳んだバスタオルをひじの下に当て、手を浮かせます。
④ 手首が洗面器のふちにぶつからないように気をつけながら、片手(片マヒがある場合は健側から)をお湯に入れます。

※洗い方は「ベッドに座って行う場合」と同じです。
※側臥位(横向き)で行う場合は、上側の手から洗いましょう。


次のページ|ポイントと注意点  

12
ライター:樋口 くらら
家族の介護をきっかけに介護福祉士・社会福祉主事任用資格を取得。現在はライター。日々の暮らしに役立つ身近な情報をお伝えするべく、介護・医療・美容・カルチャーなど幅広いジャンルの記事を執筆中。

手軽にリフレッシュ!マッサージ効果もある手浴(しゅよく)の手順

Facebookページで
最新記事配信!!

あなたにおすすめの記事

関連記事

介護の方法のおすすめ記事