今さら聞けない!「介護予防・日常生活支援総合事業」サービスは何が変わった?

従来のサービスとの主な違い

市町村による事業の運営

従来(または現行)の介護予防サービスは、国の介護保険制度よって基準や単価が全国一律でした。しかし、新しい総合事業では各市町村が基準や単価を設定して運営することになります。各自治体が主体となることで自由度が高くなり、地域の実情に応じたサービスを創意工夫によって提供できるようになるのです。

総合事業の導入後は、「要支援1・2」の方が利用していた「介護予防訪問介護」と「介護予防通所介護」のサービスが、総合事業に移行することになります。(※ 訪問看護・福祉用具貸与等は、引き続き介護予防給付によるサービスが提供されます。)

地域の人的資源・社会資源の活用

既存の介護事業所だけではなく、NPO・ボランティア団体・民間企業・協同組合・地域住民などによるサービス提供も可能となります。ご高齢者の生活を地域全体で支援する取り組みが進むことにより、地域活力の向上につながるのではないかと期待されています。

利用者のニーズに合った柔軟な対応が可能

総合事業は、何らかの支援が必要な65歳以上のすべての方が対象です。要介護認定で「非該当」の方もサービスを受けやすくなり、「要支援」と「非該当」を行き来するような場合も切れ目のないサービス提供が可能と考えられています。また、虚弱や引きこもりなど介護保険の利用に結びつかない方にも円滑にサービスを提供できると期待されています。

自立や社会参加意欲が高いご高齢者には、サービスの担い手(ボランティア等)として活動する場の提供も可能です。

リハビリテーション専門職等の関与

新たに「地域リハビリテーション活動支援事業」が追加され、リハビリテーション専門職等が地域の介護予防の取り組みを支援することになります。リハビリテーション専門職等は地域包括支援センターと連携しながら、通所・訪問・地域ケア会議・住民運営の通いの場などに定期的に関わり、助言などを行います。

サービスを利用するまでの流れ

サービスを利用するまでの流れ

出典:厚生労働省 (https://www.kaigokensaku.jp/commentary/flow_synthesis.html


まずは、市町村の窓口に相談します。ご家族を含むご本人の具体的な内容相談を受けるのは、地域包括支援センター等の専門職です。

基本チェックリストによりご高齢者の状況を確認し、介護予防・生活支援サービス事業対象者には介護予防ケアマネジメントを行います。

自立支援に向けたケアプランが作成され、適切なサービスの利用を開始します。



総合事業の開始には2017年(平成29年)4月までの猶予期間が設けられているため、各市町村によって移行する時期が異なります。お住いの市町村の実施状況や詳しいサービス内容ついては、各市町村の窓口か地域包括支援センターに問い合わせてみましょう。

12
ライター:樋口 くらら
家族の介護をきっかけに介護福祉士・社会福祉主事任用資格を取得。現在はライター。日々の暮らしに役立つ身近な情報をお伝えするべく、介護・医療・美容・カルチャーなど幅広いジャンルの記事を執筆中。

今さら聞けない!「介護予防・日常生活支援総合事業」サービスは何が変わった?

Facebookページで
最新記事配信!!

あなたにおすすめの記事

介護の基本のおすすめ記事